パークゴルフコース

パークゴルフを始めよう

空振りは何度でもOK

空振りは何度でもOK
初心者にやさしいパークゴルフ

 各ホールの第1打だけは、ティの上にボールを乗せて(ティアツプ)打ちます。

 ティアップするとボールの位置が高く楽に打て、クラブのスィートスポット(球のあたりが一番いいところ)にあたりやすくなります。また、芝生などを傷めずにすみます。必ずティアップして打ちます。

 クラブの握り方には三通りありますが、しっくりなじむ方法で、八分目ほどの力で握ります。

 それでは第1打を打ってみましょう。ボールを打つための足の位置(スタンス)を決め、ボールを打ち出す構え(アドレス)からクラブを振り上げ(バックスイング)、「えいっ」とばかりに打ち下ろす。と、なんと空振り。馴れないうちは仕方がありません。

 しかし、パークゴルフでは空振りは、打数に数えません。気を楽に、ボールを見つめて打ち下ろせば、ほら、みごとスイートスポットから快音が発します。

 ティショットでは、アドレスで球が動いても1打となりません。ただし、2打目からは1打となります。また、空振りで(風圧等)動いた場合も1打となります。

クマゲラマーク

NIPPON PARKGOLF ASSOCIATION

公益社団法人
日本パークゴルフ協会

〒089-0616 北海道中川郡幕別町宝町53-1
TEL 0155-54-2260 FAX 0155-54-2204
Address:Makubetsu-Town Takaramachi 53-1
Hokkaido JAPAN