新着情報

コース用具の基準が変わります
パークゴルフコース用具の基準及び公認コース用具の認定に関する規程の制定、関連する基準、規程、規則の一部改正について
 
 当協会では今般、パークゴルフの健全な普及と安全面の向上を一層図るために、ホールカップなどパークゴルフコース用具の基準を見直すとともに、公認コース用具の認定制度を新たに設けました。
 コース用具の新基準や認定制度の施行は平成31年3月1日とし、これ以前に造成されたコースで平成31年3月1日以降にホールカップ、ピン及び旗を更新していない場合は、現行の基準がそのまま適用されるものです。
 したがって、平成31年3月1日以降に、公認コース等でホールカップやピン・旗を更新する場合には、公認コース用具を使用しなければならないこととなります。
 なお、ティグラウンドについては、公認コース用具の対象となっていますが、公認用具として認定されていないティグラウンドでも基準に合っていれば、公認コースとして認められますので、ご留意ください。
 また、公認コースにおける指導者の配備については、パークゴルフの普及やルールの浸透が一定程度深まったことから、指導者の配備を公認コースの認定項目から削除しましたので、平成31年3月1日以降は指導者の配備は必置ではなくなることになります。
 新たに制定した基準及び規程の要旨については、別紙のとおりです。また、関連する基準、規程、規則の一部改正についても別紙のとおりです。別紙については添付ファイルをご参照ください。

 ご不明な点は下記まで問い合わせください。
     
        〒089-0616 北海道中川郡幕別町宝町53-1 
        公益社団法人 日本パークゴルフ協会 
        TEL:0155-54-2260 FAX:0155-54-2204
        Email:parkgolf@ipga.jp

2018.10.3 追記
※ 当協会の会員また関係者へ送付しました通知文書に「平成30年3月1日」とありますのは「平成31年3月1日」の記載間違いです。お詫びして訂正いたします。