パークゴルフについて

深いラフに入ったときは
草を踏みつけたり、むしるとペナルティ
深いラフに入ったときは
ボールがラフに入ってしまいました。「ラフ」とは芝の状態(長さ)が長いことです。

草丈が低かったり、まばらな生え具合ならさほど間題はありませんが、ひどく深いラフで、ボールが半分かくれています。ボールをへッドでうまくとらえるのは、至難のように思われます。

そのようなとき、じゃまだからといって、草をむしり取ったりするとペナルティとなります。

むしらずに、クラブの通りがよくなるように、草を踏みつけてもだめ。むしったと同じく、ペナルティが課せられます。草をむしっても、踏みつけても、「あるがままの状態でプレーする」ことに違反するからです。

自分の腕を信じてそのまま打つか、素直にギブアップしてアンプレヤブルを宣言しましょう。草をむしったり、踏みつけて打っても、フェアーウェーやグリーンに出る保障はありません。「急がばまわれ」です。