パークゴルフについて

不正打ちはペナルティ
どんな場合も2打加算
不正打ちはペナルティ
どのような場合も、不正打ちをしてはいけません。

不正打ちをおこなったときは、2打を加算し、ボールの止まった位置からプレーを続行します。障害物がある場合に、無理な打ち方をすると、結果的に「不正打ち」となることもあるので注意しましょう。障害物があって自信のないときは、いさぎよくアンプレヤブルの宣言をするのが得策といえます。

不正打ちとされる行為には、次のようなものがあります。
  • 正しくスイングしないでボールを打つ事。
  • クラブのシャフトやへッドで、ボールを押し出すこと。
  • クラブのヘッドでボールを引き出すこと。
  • クラブのヘッドにボールを乗せて、すくいあげること。
  • 1回のストローク中に2回以上ボールに当たる事。