パークゴルフについて

とんだり、跳ねたりはだめ
不当な行為はペナルティ
とんだり、跳ねたりはだめ
プレーは、ボールがあるがままの状態でおこなうことを原則とします。ボールにさわったり、動かしたり、足でけったりしてはいけません。

それらは不正行為として2打を加算し、ボールを元あったと思われる位置にもどしてプレーを続けます。

カップの縁にあるボールをとんだり跳ねたりしてカップインさせたときはペナルティとなり、元あったと思われる位置にもどしてプレーします。

また、パットライン上の凸凹を踏みつけたり、クラブのソール(底)でなおした場合も2打を加算します。ボールのまわりの地面を踏みつけて平らにしてもペナルティです。

パークゴルフは、あるがままの自然の中で、あるがままのボールを打つゲームです。フェアプレーが楽しい秘訣です。