パークゴルフについて

空振りは打数に数えない
ボールが動いてしまったら1打に数える
空振りは打数に数えない
初めてクラブを手にした人が、空振りをするのは珍しいことではありません。何度かコースを回っていても、競技会などではあがったり、緊張したり、しっかり打ったつもりが、空振りをしたりします。

ティショットで空振りしても、ペナルティが課せられないことはすでに記しましたが、何打数めであってもボールに触れなければ、ストローク(スイングしてボールを打つこと)したことにはならず、打数に数えません。

しかし、空振りでもボールが動いたときは、1打と数えます。