パークゴルフについて

バンカーはクラブをつけて打ってもよい
打ち終わったら砂をならそう
バンカーはクラブをつけて打ってもよい
パークゴルフをよりおもしろくするための障害物として、バンカー(砂でおおわれた裸地・砂場)が設けられている場合があります。

バンカーに入ったボールを打つには、ちょっと注意が必要です。「しまった!」とうろたえたり、あわててしまってルール違反をすると、ぺナルティが課せられます。

ボールがくぼみや足跡の中で止まっていても、そのまま打たなければなりません。砂をならして打ったり、ラインをなおしたり、溝をつけたりすると、ペナルティが加算されます。

ただし、スタンスをとって足場を固めるのはかまいません。また、アドレス時に、クラブのソール(底)を砂につけることも許されています(押しつけてはいけません)。

バンカーならしは、動かしたり取り除いてもかまいません。

ボールを打った後は、次のプレーヤーのために足跡などを消し、きれいにならしておくのがエチケットです。砂場が乱れていたり、深い足跡の中にボールが止まっていたら、不愉快そのものです。