パークゴルフについて

プレーは1組4人まで
ゲームとコースの流れを考えて
プレーは1組4人まで
パークゴルフを楽しむ人が、コースにあふれています。コースの流れがスムーズになるよう、ときどき周囲の様子にも気をくばりましょう。

5人以上でプレーをしたり、だらだらしたプレーをしていると、後ろの組がどんどん詰まってしまいます。1組のメンバーは4人までとし、1人や2人のときは、ほかの人に「いっしょに回りませんか」とひと声かけてみましょう。

初対面の人ともすぐにうちとけあえ、友達づきあいできるのが、パークゴルフのいいところです。そんな出会いを大切にして、家族ぐるみのおつきあいを広げている人もいます。

子供づれでプレーを楽しむときは、親子で1個のボールをかわるがわる打ってみましょう。お父さんがティショットを打つと、第2打はお子さんが、第3打はまたお父さんというようにすると、後ろの組に迷惑をかけることもなく、スムーズにコースを回れます。

小さいお子さんならば、目を離さずにすみますし、大きな子供なら、家庭で少なくなった親子の会話をとりもどすチャンスです。