パークゴルフについて

まわりへの思いやりを
じゃまもおせっかいも禁物
まわりへの思いやりを
パークゴルフは、ルールもプレーも簡単です。だれもがすぐに始められますが、もしマナーを守らない人が一人いると、とても不愉快なゲームになってしまいます。相手を思いやる心をもって、いつも楽しいゲームにしたいものです。

同伴者がボールを打つときは、話しかけたり、大声を出したり、ボールの近くや前後に立ったり相手のライン(ボールとカップを結ぶ線)を踏んだり、アドレス時に前を横切るなどプレーのさまたげとなるような行動をしてはなりません。

プレーヤーの中には、なにかとアドバイスするのが好きな人もいます。しかし、それもときには「おせっかい」でしかありません。パークゴルフのエチケットとして、アドバイスは、聞かれたときだけにしましょう。